バイク教習のちょっとしたコツ

バイクと車の教習の大きな違いは、隣に教官がいないということです。
車では危ない時には隣でブレーキを踏んでくれましたが、バイクではそうもいきません。
だから、全てが自己責任です。
転倒もよくしますから打撲や擦り傷を作ることは覚悟しておきましょう。
バイクの教習で難しいもののひとつにクランクがあります。
クランクでは、まず外側ぎりぎりに車体を寄せます。
そして、体はまっすぐにして半クラッチで少しアクセルを吹かしてバランスを取りながら曲がります。
視線は曲がる方向を見ます。
また、教習では他に一本橋、スラローム、大型二輪のみ波状路を行います。
一本橋は、全長15 mの車幅ぎりぎりの橋を規定時間以上で渡るものです。
一本橋を渡る時には、アクセルと後輪ブレーキを使いながらバランスをとるようにします。
視線は遠くを見ます。
そして、無理しようとせず落ちそうになったらスピードを上げて通過します。
スラロームは、20 mの間に置かれたパイロンの間を蛇行して規定時間以内で通過するものです。
スラロームでは、曲がる直前に後輪ブレーキで減速して車体を倒し、アクセルを吹かして車体を起こします。
また、ショートカットしようとせずに少し遠くを回った方がやりやすいです。
波状路は、デコボコ道を規定時間以上で通過するものです。
しかも立ち乗りなので難易度が高いです。
波状路では、直前でスピードを落としアクセルを少し吹かしてデコボコを通過します。

楽しく賢いバイクの選び方

中型免許でも大型免許でも免許を取得した時の喜びは大きなものがあります。
更にその後にはもっと大きな喜びが待っています。
待望のバイクの購入です。
免許を取得する前から決めているかもしれませんし、これから自分に合ったものを見つけていくのかもしれません。
ここで大事になるのは使用用途と予算です。
趣味のツーリング用なのか、通勤、通学用なのかで選ぶバイクの種類は決まってきます。
趣味で買うのであれば予算を組む上で、後の部品代も考えなければなりません。
例えば新車で大型のアメリカンを買ったとします。
大型のアメリカンはパーツ代が高く自分好みに仕上げるのには本体の値段の半分ぐらいはかかるでしょう。
それならば中古車を買い、パーツ代を残しておく方が無難です。
ローンであってもです。
通勤、通学で乗りたい人は何といっても燃費と旋回性能を優先するべきです。
デザインが自分好みでなくてもです。
バイクというものは不思議なもので、自動車以上に愛着がわきますので実は見た目は割とどうでもよくなってきます。
旋回性能が悪いと毎朝ストレスが溜まりますし事故を回避できない事もあるかもしれません。
このように自分に合ったライフスタイルで選ぶと賢い選択が出来るはずです。

recommend

iphone修理を立川で検討する

コーチングの研修と育成

沖縄 南城市 カフェ

最終更新日:2018/4/20