バイク乗りが安全のために特別に注意すること

バイクは四輪の車と違って、二輪で走ります。
ですから、ちょっとバランスを崩すだけでも転倒の可能性があります。
高速で走行中に転倒してしまうと、乗っている人が無事で済む可能性は低いです。
ですから、バイクに乗っているときには安全には十分な注意を払わなくてはいけません。
教習所では、どういったシーンで転倒が起こりやすいのか教えてくれます。
代表的なものが雨の日のマンホールです。
雨の日はそれだけで路面が滑りやすいのですが、濡れたマンホールはアスファルトの道路よりも数段滑りやすくなります。
濡れたマンホールの上でのブレーキングはご法度だと教えてもらえます。
実際、シミュレーターでそうした危険な場所の走行体験もできるようになっています。
しっかりと頭に叩き込んでおいて、現実世界で事故を起こさないよう気をつけましょう。
もちろんヘルメットをすることや、フルフェイスヘルメットを使用するなど、基本的なことは守った上での話です。

安全なバイク生活を送るために必要な準備

バイクは非常に危険な乗り物で、ちょっとした事故に遭うだけで命を失ってしまうこともあります。
ですから、安全対策はしっかりと講じておく必要があります。
まず、基本的な整備に関してはプロにお願いをして、間違いがないようにしておくのが理想です。
そのバイクを買ったお店に行けば、整備はしてもらえます。
お店のスタッフの話を聞きながら、整備風景を見学させてもらうと、徐々に自分のバイクに関する知識も増えていきます。
最終的には自分で整備をすることができるレベルになる可能性もあります。
きちんとどういった作業をしているのかチェックしておきましょう。
スタッフさんに質問をして、勉強していくのもいいでしょう。
他には、ドライバーの健康状態も安全には大きく関わってきます。
睡眠不足にならないよう気をつけて、疲れているときにはしっかり休憩をして、あまり長時間乗り続けないようにするのがいいです。
長時間無理してドライビングしていても、いいことは何もありません。

Favorite

最終更新日:2017/4/10