バイク教習の流れを知って免許を取得しよう

バイクの免許は車と同じように教習所で取得する事ができ、16歳以上で視力や運動の能力などに問題がないなどが条件となります。
申込み後に適性検査が行われて問題がなければそのまま進める事ができます。
普通自動車免許か大型特殊免許を持っている場合には学科教習の時間は1時間のみの受講になり、普通二輪小型限定免許を取得している方であれば学科は免除となります。
実際にバイクに乗る前に行われるのが倒れたバイクを起こすことができるかどうかです。
これが出来ない場合には先に進めない場合もあります。
女性の場合は力が弱いので大変ですが、力ではなくてこの原理で起こす方法を教えてもらえます。
技能はエンジンのかけ方から発進の仕方などの基本から、直線走行、スラローム、急制動など学んでいきます。
その後運転技能試験を受けて受かれば卒業となります。
免許を取得したら自分の好きなマシンを購入しツーリングや街乗りを楽しむことができるようになるのです。

教習所か試験場か?バイク免許を取得する二つの道

バイクの免許を取るための方法は二つあります。
一つは教習所に通って、実技についてはそこでパスしておく方法です。
もう一つの方法は、直接免許試験場に行って、実技試験を受けてそこで合格するというものになります。
ただ、免許試験場において一発で合格するのは非常に難しいとされていて、何度も挑戦するのが当たり前になっています。
そういった面倒が嫌なのであれば、おとなしく教習所に通って実技はパスするのがいいでしょう。
費用面については、教習所に通うと20万から30万円は必要になります。
直接試験場に行けばお金はかかりませんから、お金がない人はどこかで運転を勉強して一発合格を狙うのがいいでしょう。
普通の人は、おとなしくお金を払って丁寧に運転を教えてもらうことになります。
どちらにせよ、一定レベルの運転技術がないと免許は発行してもらえません。
これは交通の安全のために致し方無いことなのです。
どちらがいいかは各自の判断で好きに選べます。

Valuable information

Last update:2017/4/10